ホーム > 社会・生活, 経済, ロングステイ > 首都圏のバス専用レーン、着工は来年1月

首都圏のバス専用レーン、着工は来年1月

2012年04月20日 12:34 JST配信

【クアラルンプール】 公共陸運委員会(SPAD)のモハメド・ヌル最高責任者は、首都圏公共輸送基本計画に関する記者会見で、バス専用レーンの工事は、交通影響評価の調査が完了した後の、来年1月になるとの見通しを示した。工期は1年ー1年半を予定している。
調査は年内に完了の予定で、SPADは近く工事入札を開始する。建設費は未定。バス専用レーンはクアラルンプールとクラン間の連邦道路に整備する。
モハメド・ヌル氏は、バス専用レーンの整備後も道路の自動車収容能力が低下しないよう図ると述べた。

ザ・サン、4月19日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。