ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > 日野マレーシア、今年8千台の商業車販売を目指す

日野マレーシア、今年8千台の商業車販売を目指す

2012年04月17日 12:02 JST配信

【クアラルンプール】 日野モータース(マレーシア)は今年、前年比で2倍となる8千台の小型及び大型商業車の販売を目標としている。
昨年の販売台数は4,561台に上り、小型商業車部門で1位を記録した。マレーシア経済の成長を見込んで、商業車のシェア43%の獲得を目指す。
同社は13日、新型のオートマチックギア搭載トラック「300」シリーズを発表した。全部で6車種で、キャビンのバリエーションは3種類となっている。積載重量は4.8—8.3トン。正面衝突時の衝撃を抑えるためのステアリング・コラムとハンドルが搭載されている。
日野自動車は現在、マレーシア国内で67店舗の販売店を展開。うち36店舗が3S(販売、サービス、部品交換)センターとなっている。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月14日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。