ホーム > 社会・生活, 政治・外交 > 新医療保険制度の内容漏洩、給与10%が天引き? 保健省が「詳細未定」と説明

新医療保険制度の内容漏洩、給与10%が天引き? 保健省が「詳細未定」と説明

2012年02月11日 06:03 JST配信

【プトラジャヤ】 保健省は、公営と民間の医療サービスを融合させた医療保険制度「ワン・ケア」の導入を計画しているが、作業グループで検討している内容が外部に漏れ、フェイスブックなど交流サイトに掲載されたことから、9日、記者会見を開き内容を説明した。
ロジタ・ハリナ保健財政次長によると、新制度の詳細は決まっていない。交流サイトで「給与の10%が保険料として天引きされる」との情報が流れたが、ロジタ氏は「平均的世帯が保健、医療に支出する大まかな額を示したもの」と説明した。
新制度では保険料を拠出するのは政府と雇用者で、所得に関係なく国民誰もが平等に医療サービスを受けられるようにするのが目的だという。国民には加入を義務付ける。
ハサン・アブドル保健局長は、糖尿病、高血圧などライフスタイルが原因の病気が増加しているため、医療保険制度の改革が必要になっていると強調した。

ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・サン、2月10日

関連カテゴリ: 社会・生活, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。