ホーム > 社会・生活, 日本関係, 統計・調査, ロングステイ > マイセカンドホームの参加者トップは中国、日本は2位

マイセカンドホームの参加者トップは中国、日本は2位

2014年09月02日 16:40 JST配信

【クアラルンプール】 外国人の長期滞在プログラム、マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)プログラムは2002年の開始以降順調に参加者が増加しており、アジア諸国の富裕層のロングステイ先としてマレーシアの人気が高まっている。

今年4月までにMM2Hプログラムへの参加を申請した2万5,506人の3分の2以上がアジア人だった。国別で最も多かったのは5,659人(22.2%)が申請を行った中国人となった。

2012年以降中国人のロングステイヤーの数は増加しており、今年年初4カ月では734件の申請が承認されている。国別で2番目に多かったのは日本人で、3,346件の申請があった。全体の13.1%を占めた。今年年初4か月では162件の申請が承認された。3番目に多かったのはバングラデシュ人で、2002年以降の申請者数は2,874人(全体の11.3%)で、年初4カ月で119人の申請が承認を受けた。4番目は英国と北アイルランドで、申請数は2,119人(8.3%)。今年年初4カ月では43件が承認された。

次いで多かったのはイラン(1,297人、5.1%)、シンガポール(1,061人、4.2%)、台湾(997人、3.9%)の順となった。

他にもパキスタンや韓国、インドなどから申請があった。

MM2Hに参加するためには、最低50万リンギ以上の財産証明と月額1万リンギ以上の収入証明が必要となっている。

(ラクヤット・ポスト、9月1日、デイリー・スター、8月28日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 日本関係, 統計・調査, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。