ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 経済, 観光・イベント, 安全情報 > 新格安航空ターミナル、開業わずか2週間で誘導路が沈下

新格安航空ターミナル、開業わずか2週間で誘導路が沈下

2014年05月21日 13:06 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール新国際空港(KLIA)の新格安航空会社(LCC)専用ターミナル(KLIA2)が5月2日オープンしたが、オープンからわずか2週間で、航空機の離発着と大雨により誘導路などが沈下している。

情報筋によると、18日の豪雨により誘導路に水たまりができたため、排水が行われた。また駐機場も坂になっているため、エアアジアが主要タイヤのブレーキを解除したところ、航空機は後退を始めたという。エアアジアが空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)に苦情を訴えたことから、MAHBは舗装作業に追われている。

KLIA2は、KLIAから西に2キロメートルほどの場所に建設された。元はアブラヤシ農園やゴム農園となっており、沼沢地帯だったことから、地盤が柔らかく沈下しやすい状態にある。

KLIA2は格安航空の需要の高まりを受け、現行の格安ターミナル(LCCT)に代わるものとして建設が始まった。年間取扱能力は4,500万人。当初の完成予定は2012年4月だったが、設計変更などにともなう工事の遅れで少なくとも3度にわたって完成予定が延期され、最終的に開業日は5月2日となっている。KLIA2はエアアジアやエアアジアX、セブ・パシフィック、タイガー・エアー、マリンド・エアなどが利用しているが、エアアジアはKLIA2への移転を前に、安全性に問題があるとして移転を拒んでいた。

(マレーシアン・インサイダー、5月20日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 経済, 観光・イベント, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。