ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > 衣料品大手のH&M、「ロット10」とテナント契約を締結か

衣料品大手のH&M、「ロット10」とテナント契約を締結か

2012年03月13日 09:27 JST配信

【クアラルンプール】 スウェーデンの衣料品小売り大手、H&M(エイチ・アンド・エム=へネス&マウリッツ)が、クアラルンプール(KL)市中心部ジャラン・ブキ・ビンタンにある「ロット10」とテナント契約を締結した模様だ。「ビジネスタイムズ」が伝えた。
マレーシア1号店の出店場所に予定しているのは「ロット10」内の英国の百貨店大手デベナムズ(Debenhams)が入居していたスペース。
入居予定地に隣接する店舗も移転するとみられ、デベナムズ店舗跡の約1万8,500平方フィートと合わせた売り場スペースとなる模様だ。2012年の秋のオープンを予定している。
H&Mは2011年には266店をオープンした。今年は中国、米国、英国を含め合計275店の新規出店を計画している。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、3月12日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。