ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 政治・外交 > 新年ビデオ騒動、与党支持者が「コック氏殴った者に賞金」

新年ビデオ騒動、与党支持者が「コック氏殴った者に賞金」

2014年02月08日 15:31 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中国正月の祝賀ビデオで政府を揶揄した野党・民主行動党(DAP)のテレサ・コック氏に対する、与党支持者の批判・攻撃がエスカレートしている。

6日には、クアラルンプール(KL)市内で与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)の支持母体となっているPewaris、Pekida、マレーシア・ムスリム消費者協会(PPIM)といったマレー系非政府始組織(NGO)の所属メンバー50人あまりが「コック氏を殴った者に500リンギの賞金」などと書かれた横断幕を掲げて抗議。コック氏ら民主行動党(DAP)幹部の顔写真の部分に殺したニワトリの血を塗って、シュプレヒコールを上げた。賞金は後に1,200リンギに引き上げられた。

過激な抗議活動にはDAPのほか、マレー人側からも批判の声が上がっており、懸賞金をかけることについては「暴力を教唆するもの」との厳しい声が上がっている。DAPの友党である人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム元副首相は、「人々を暴力で脅す者は真のムスリムではない」と批判した。コック氏は7日、同氏を支援するマレー系NGOの支援者らと共に警察に被害届を提出した。

問題のビデオは「ワン(One)ダフル・マレーシア」と題し、コック氏が司会進行役で、コメディアンが扮した3人のコメンテーターが風水などで今年の運勢などをアドバイスするという内容のトークショー的な構成。昨今の話題となった物価上昇や犯罪・治安問題などをユーモラスな話の間に織り交ぜて、暗に政府を批判している。コメディアンの一人はふくよかで裕福そうな中年女性で、明らかにナジブ・ラザク首相夫人のロスマー・マンソール氏を模している。

このビデオに早速マレー人を中心とした与党支持者らから「首相夫妻、マレー人社会、治安組織を侮辱している」といった批判の声が上がり、警察への通報も相次いだ。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。