ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > トレンガヌ州で2億年以上前の植物の化石を発見

トレンガヌ州で2億年以上前の植物の化石を発見

2014年02月05日 16:11 JST配信

【ベスット】 トレンガヌ州フル・ベスットに近いパヤ・ペダ・ダムの建設現場で先ごろ、植物の化石が発見された。2億7,000万—3億4,000万年ごろのものと見られている。地表から150メートルほど地下を掘ったところで見つかったという。葉や花、根、果実など7種が確認された。

マレーシアでは、ジョホール州グヌン・パンティとトレンガヌ、クランタン、パハンの3州が交わる当たりのグヌン・ガガウで2億300万年前から6,500万年前のジュラ期、白亜紀の地層が発見されている。これまでのところは恐竜の化石は発見されていないが、鉱物地質学局はマレーシア半島部にも恐竜が存在していた可能性があると指摘している。

(ベルナマ通信、1月28日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。