ホーム > 政治・外交 > 娯楽施設の新規出店、ペナン市がホテル&大型商業施設内に限定か

娯楽施設の新規出店、ペナン市がホテル&大型商業施設内に限定か

2012年01月26日 15:47 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン市議会(MPPP)は、ペナン島内における新たなエンターテインメント施設の出店場所を制限する方向で検討している。
規制の対象になるのは▽パブ▽ディスコ▽カラオケ——の施設で、ホテルまたはショッピング・モール内部、もしくはアッパー・ペナン・ロードに限定するという案が許認可局から上がっている。
住宅地に近い場所にある既存の娯楽施設で、駐車スペースを巡って住民から苦情が上がっていることを受けたもので、当局では島内にある19のショッピング・モールやホテル内部に新たな出店場所を限定すればこうした問題が改称されるとみている。なお既存の施設はそのまま営業を認める方針だ。
ペナン市許認可局には、毎月7—8件の娯楽施設の営業申請が出されている。

ザ・スター、1月22日

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。