ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能, 観光・イベント > アジアの幽霊名所ランク、ペナンの戦争博物館が7位に

アジアの幽霊名所ランク、ペナンの戦争博物館が7位に

2013年08月15日 16:56 JST配信

【香港】 ナショナルジオグラフィック・チャンネルのテレビシリーズ「I wouldn't go in there(私はそこには行かない)」が選んだ、アジアの幽霊出没場所ランキングのトップ7にペナン島の戦争博物館がランクインした。

ブキ・バトゥ・マウンに所在する同博物館は、英軍の要塞として1930年代に建てられた。日本軍占領期には牢獄・刑場として使用された。浮かばれぬ死者の霊魂がいまだにさまよっているという。同博物館を取材した番組は8月23日夜に放送されるという。

同ランキングのトップは赤い服を着た女性の幽霊がでるという香港・元朗にある達徳学校で、2位には沖縄の嘉手納基地が入っている。

(中国報、8月14日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。