ホーム > 政治・外交 > ペナン州政府、閣僚の資産額・内容を公表

ペナン州政府、閣僚の資産額・内容を公表

2012年01月14日 18:12 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン州政府は、リム・グアンエン州首相をはじめとする閣僚の資産額を発表した。2011年12月31日時点の資産内容が公開された。詳細情報はオンラインでも公開されている。
リム首相の資産は、マラッカのショップハウス2軒、ローカル企業の株式、定期預金(29万8,785リンギ)など。2008年3月8日時点の資産額と比べて5万3,785リンギの増額となった。会計事務所のKPMGが資産額の査定を行った。
第1副首相マンソル・オスマン氏の資産は▽2階建てテラスハウス▽フラット▽ケダ州の農業用地▽投資信託(15万7,819リンギ相当)−−。第2副首相P・ラマサミー氏の資産は▽一戸建て住宅▽ペラ州の土地▽自動車2台−−。
地方自治・交通管理委員会のチョウ・コンヨー委員長の資産は▽フラット▽住宅▽定期預金4万リンギ▽投資信託▽自家用車−−。宗教関連・国内取引消費者委員会のアブドル・マリク委員長の資産は自動車2台。観光委員会のロー・ヘンキアン委員長はコンドミニアムと自動車1台を資産として保有している。
農業・洪水対策委員会のロー・チューキアン委員長は住宅1件と株式、自動車1台を保有。福祉委員会のフェー・ブーンポー委員長は国内外の不動産、投資信託、自動車2台を保有している。

ザ・サン、1月12日

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。