ホーム > 三面・事件, 政治・外交, 日本関係 > 華人団体が大使館前で抗議デモ、安倍首相来馬に合わせ

華人団体が大使館前で抗議デモ、安倍首相来馬に合わせ

2013年07月27日 08:54 JST配信

【クアラルンプール】 安倍晋三首相が25、26日の両日にマレーシアを訪問したことを受け、6つの華人民間組織のメンバー30人あまりが25日、在クアラルンプール・日本大使館前でピケを張り、憲法改正阻止を訴え、第二次大戦中のマレーシア(当時は英領マラヤ)に対する侵略行為に対する謝罪を要求した。抗議活動は30分ほどで終了し、大きな混乱はなかった。

抗議活動を行なったのは▽マレーシア第二次大戦歴史研究会▽マレーシア愛国和平基金会▽マレーシア鳳凰友好聯誼会▽21世紀聯誼会▽老友聯誼会▽追討英軍罪行工委会——の6団体のメンバー。「平和(憲法)改正反対」、「軍国主義復帰反対」、「慰安婦への謝罪を」、「5千万円の奉納金(日本軍が挑発した金品)の返還」などと書かれたプラカードを掲げて訴えた。

マレーシア第二次大戦歴史研究会は声明の中で、安倍首相が軍拡論者であり尖閣諸島での示威などで問題ある行為があると指摘。侵略戦争を反省しマレーシア国民への謝罪を行なった上で、歴史歪曲をやめ日本を危険な方向に導いていくことを止めるよう求めた。

(星洲日報、南洋商報、中国報、7月26日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 政治・外交, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。