ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 日本関係, 安全情報 > ジョホールで日本人男性が強盗被害、耳を切られる

ジョホールで日本人男性が強盗被害、耳を切られる

2013年07月24日 13:01 JST配信

【ジョホールバル】 ジョホール州南部ゲラン・パタで22日午後12時50分ごろ、州内のリゾートで管理職を努める日本人男性(42)が強盗グループに襲われて右耳などを切りつけられ、現金2万5千リンギを奪われる事件があった。

男性は赤信号で停車していた際に、3人組の男に囲まれて襲われた。前後左右を別の車で囲まれており逃げることができない状況だったという。男たちは男性の乗用車のウインドウを叩き割って、車内にあった現金入りのバッグを奪って別の車で逃げた。その際、男性が抵抗したため刃物で切りつけられ、耳を負傷した。同乗していたインド系のアシスタントにケガはなかった。

男性は銀行に寄った帰り道で、強盗グループが銀行からつけてきた可能性が高い。男性によると男たちの肌の色は黒かったという。

(星洲日報、中国報、東方日報、7月23日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 日本関係, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。