ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 釈放予定の男に成りすましてトンズラ、容疑者の男

釈放予定の男に成りすましてトンズラ、容疑者の男

2013年07月19日 16:53 JST配信

【ペナン】 ペナン州警察で16日、麻薬犯罪で捕まった62歳の容疑者の男が、不起訴になった犯罪容疑者と間違えて誤って釈放するという大失態を犯していたことがわかった。

事件が起きたのはジョージタウンの裁判所内の拘置所。警察は同日、拘留延期申請のために62歳の容疑者の男を含め多くの容疑者を裁判所に移送していた。裁判所に申請が認められなかった場合は不起訴・釈放となる。

この中に、前日に釈放されるはずだったが時間に間に合わなかったために16日に手続きがずれ込んでいた男性がおり、疲労のために拘置所内で眠り込んでいた。警察官が釈放のために名前を呼んでも気付かなかったため、62歳の容疑者の男が釈放されるはずの男性になりすまして、何喰わぬ顔で釈放されてしまったという。

警察は逃げた男の手配写真を公表して、情報提供を呼びかけている。

(星洲日報、7月18日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。