ホーム > 政治・外交 > イスラム強硬路線のハサン氏、野党イスラム党が党籍を停止

イスラム強硬路線のハサン氏、野党イスラム党が党籍を停止

2012年01月10日 18:37 JST配信

【クアラルンプール】 イスラム原理主義政党の野党・汎マレーシア・イスラム党(PAS)は8日、強硬なイスラム路線を唱えて党の方針への反抗を続けてきた元・党セランゴール州代表のハサン・アリ州議会議員の党員資格を停止すると発表した。党の利益に反する行為を行ったというのが処分の理由で、同州最高評議会のメンバーからも外れる見通し。同日の月例党役員会議で決定した。
ハサン・アリ氏は、2008年にはイスラム教徒住民が90%を占める地域においてアルコール飲料のコンビニでの販売を禁ずる方針を州政府に許可なく実施しようとした(州政府が却下)ほか、昨年にはキリスト教会主催の夕食会にイスラム宗教局(JAIS)が捜索に入ったことを支持、PASがイスラム国家を樹立するという当初の方針から逸脱していると批判していた。最近ではアンワル・イブラヒム元副首相の同性愛裁判への抗議デモを批判する発言を行っていた。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、ザ・サン、1月9日

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。