ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 倒壊した鉄塔、バス7台が時速130キロで衝突した衝撃

倒壊した鉄塔、バス7台が時速130キロで衝突した衝撃

2013年06月20日 16:49 JST配信

【ジョージタウン】 13日にペナン島中心部ジャラン・マカリスターで発生した強風によるビル鉄塔倒壊事故で、男性が乗っていたとみられる車が完全に押しつぶされ、地面に深さ6メートルもの大きな穴があいたことに市民は大きな衝撃を受けている。

専門家によると、倒壊した塔は避雷針付きで長さ38メートル、重量は110トンほど。高さ70—75メートルから落下した場合、乗客60人が乗ったバス7台が時速130キロメートルで衝突した衝撃に匹敵するという。

大きな穴が空いた原因については、軟弱な地質や地下水が原因しているとみられている。穴には地下水が流れ込んでおり、捜索継続のためにこれ以上掘削を続けると他の区画でも陥没が起きる可能性があるという。

(星洲日報、中国報、ザ・スター、6月14—18日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。