ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 環境に優しい携帯コンロ兼用充電器、科学大が開発

環境に優しい携帯コンロ兼用充電器、科学大が開発

2013年05月30日 16:13 JST配信

【ジョージタウン】 低燃費の携帯用コンロと充電器を兼ねた環境に優しい装置を、マレーシア科学大学(USM)機械工学部のズルキフリー・アブドラ教授らのグループが3年かけて開発した。

アルミナを材料とし炭素ケイ素でコーティングされた多孔性セラミックを燃焼の媒体とする仕組みで、一酸化炭素や窒素酸化物の排出を抑えた。摂氏650—660度の温度になる通常のコンロに比べ、半分の燃料消費量で温度が720度まで上がるという。

熱電変換装置が付属しており、調理をしながら携帯電話やパソコンなどに充電することができる。コストは400リンギほどだという。

(南洋商報、ザ・サン、5月29日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。