ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント > パンダ2頭、年内にもマレーシアに到着へ

パンダ2頭、年内にもマレーシアに到着へ

2013年04月17日 13:10 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシアにレンタルされるジャイアント・パンダ2頭は当初の予定より半年早く、12月にも中国から到着する見通しだ。ダグラス・ウガー天然資源環境相が明らかにした。現在受け入れのために2,500万リンギをかけたパンダ舎の建設が、国立動物園ズー・ネガラで急ピッチで進められている。

パンダのレンタルは、2014年の馬・中国交樹立40周年の記念として両国間で合意したもの。マレーシアに来るのはメスの「フェンイー(鳳儀)」とオスの「フーワ(福娃)」で、レンタル期間は10年。1年当たりのレンタル料は100万米ドル(320万リンギ)に上る。パンダ舎の入場料金は最低でも10リンギになる見通し。内部は摂氏4度に保たれ、10人の飼育員が担当するという。

マレーシアでは別の名前をつけることになっており、これまでに2,324件の応募が寄せられている。

(星洲日報、ザ・スター、南洋商報、4月13日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。