ホーム > 経済 > マレーシアを含む域内5カ国の経済は減速=IMF

マレーシアを含む域内5カ国の経済は減速=IMF

2012年01月28日 09:20 JST配信

【クアラルンプール】 国際通貨基金(IMF)は24日に公表した世界経済見通し最新版で、外的要因の悪化、内需の低迷を理由に、東南アジア5カ国(マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム)の今年の経済成長率予想を5.2%に下方修正した。来年については5.6%を予想している。
IMFは同様の理由で、新興国、途上国の今年と来年の平均成長率予想を、前回(9月予想)より0.5ポイント低い5.75%に修正した。2010−11年の成長率は6.75%だった。
アジア途上国(東南アジア5カ国と中国、インド)の今年と来年の成長率予想については、平均7.5%に0.75ポイント下方修正した。
IMFは新興国、途上国に内外需要の低迷への対処を勧告。「債務、予算赤字が少なく、物価上昇が弱まっている一部の新興国は、経済活動を刺激する政策を講じる余地がある」とした。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月27日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。