ホーム > 経済, 政治・外交 > ハイブリッド&電気自動車メーカーの誘致、政府が計画

ハイブリッド&電気自動車メーカーの誘致、政府が計画

2012年01月20日 18:38 JST配信

【クアラルンプール】 ムクリズ・マハティール副通産相は18日、BMWの行事に出席した際の記者会見で、ハイブリッド車、電気自動車メーカーの誘致を目指しており、複数のメーカーと交渉していると明らかにした。
ムクリズ氏は「複数の国のメーカーと交渉している。真剣に取り組む方針を示した企業もある」と語った。
マレーシアだけでは市場として小さいため、東南アジア諸国連合(ASEAN)への輸出を視野に誘致するという。部品メーカーも同時に誘致する計画だ。
国民車メーカーのプロトン・ホールディングスも電気自動車計画を持っており、競合の可能性があるが、ムクリズ氏は「プロトンは競争力のある自動車を開発できる」と語った。
政府はハイブリッド車、電気自動車に対する物品税免除を2013年末まで延長している。

ザ・スター、1月19日、ベルナマ通信、1月18日

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。