ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > スールー王国軍進入、馬・比両国でサイバー攻撃の応酬

スールー王国軍進入、馬・比両国でサイバー攻撃の応酬

2013年03月06日 13:10 JST配信

【ペタリンジャヤ】 スールー王国軍を名乗る150人あまりのフィリピン人武装グループがサバ州東部に不法上陸しマレーシア治安部隊との間で銃撃戦となった事件に関連し、マレーシアとフィリピンのハッカーが互いの国を標的にサイバー攻撃を仕掛けるなど対立がネット上に波及している。

「アノニマス・マレーシア」のフェイスブックには1日、タガログ語でフィリピンに対する攻撃予告が掲載された。フィリピンのブログ「ピノイ・テック・ニュース」によると、多くのフィリピン政府のサイトが攻撃を受けたという。

これに対してフィリピンのハッカーも反撃、その後3日間で双方200のウエブサイトが攻撃を受けた。3日になって「アノニマス・マレーシア」のフェイスブックには休戦を呼び掛ける書き込みがされ、攻撃は止んだという。

サイバー攻撃はオープンソースのインターネット百科事典「ウィキペディア」にも向けられ、フィリピンのハッカーにより「サバ」を検索すると「スールー王国の一部」と記述されるように書き換えられた。

(ザ・スター、星洲日報、3月5日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。