ホーム > 三面・事件, 日本関係 > 南北高速道でワゴン車事故、日本人観光客1人死亡

南北高速道でワゴン車事故、日本人観光客1人死亡

2013年02月25日 20:13 JST配信

【マラッカ】 マラッカ州とネグリ・センビラン州の州境近くの南北高速道路上り線で23日午後4時ごろ、日本人観光客8人を乗せたワゴン車が中央分離帯に衝突。1人が死亡し、7人が負傷した。

ワゴン車はマラッカ日帰り観光からの帰りで、中央分離帯にぶつかったまま100メートルほど走って止まった。車体の右前方が大破し、運転手の後ろの座席にいた71歳の男性が死亡。残る7人が負傷し、アローガジャ病院やセレンバン病院に収容された。1人が重傷との情報もある。運転手も重傷を負った。

(南洋商報、中国報、2月25日、星洲日報、2月24日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。