ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 安全情報 > バス内でスリが被害者殴打、生々しいビデオが公開

バス内でスリが被害者殴打、生々しいビデオが公開

2013年02月13日 16:34 JST配信

【クアラルンプール】 60歳の男性が路線バスの車内でスリ・グループに襲われ暴力を振るわれる現場を撮影した生々しいビデオ映像が「ユーチューブ」上で公開され、市民に衝撃を与えている。被害者はスリを見とがめたために反撃されたという。

元警官のタンさんは、1月25日にチャイナタウン近くのコタ・ラヤからチェラス行きの「ラピッドKL」バスに乗車。しばらくして隣に座った男がパンツの後ろポケットの財布を盗ろうと探っているのを察知した。手を伸ばす行為は4回ほど繰り返され4度目にとうとう財布がなくなったため、タンさんは隣の男に問い質し警察まで同行を求めた。男が無視して下車しようとしたためタンさんが元同僚の警官に電話しようとしたところ、同じバスに乗っていた共犯の男2人に暴力を振るわれたという。

バス運転手は当初タンさんからバスを停めるなと言われたが、男たちに恫喝されてバスを急停車。男たちは悠々と逃げ去ったという。運転手は後で男たちの復讐が怖いのでやむを得なかったと謝罪した。

ビデオは同乗していた女性客が騒動を察知して撮影していたもので、犯人は外国人のスリ・グループとみられるという。

(ザ・スター、ザ・サン、2月8日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。