ホーム > 社会・生活, 文化・芸能 > マレーシア、昨年を表す漢字は「転」に決定

マレーシア、昨年を表す漢字は「転」に決定

2012年01月11日 15:20 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア華人総連合会(華総、フアゾン)は6日、前年を表す漢字一字の投票結果を発表、2011年は「転」が得票数1,412票、得票率35.7%で2位を大きく引き離してトップとなった。予備選考した10の漢字から選んでもらうやり方で、同投票には3,956人が参加した。
ペン・インフア会長は「転」には世界的な気候変動・災害、政治や社会、経済情勢の転換、国内における様々な改革の動きなどが反映していると分析した。
第2位は汚職や貧困を意味する「貧」で得票数は549票、得票率は13.9%だった。3位以下は「争」、「漲」、「乱」、「迷」、「忍」??となった。

星洲日報、南洋商報、1月7日

関連カテゴリ: 社会・生活, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。