ホーム > 経済 > 昨年通年の自動車販売台数、60万台割り込む見通し

昨年通年の自動車販売台数、60万台割り込む見通し

2012年01月03日 18:32 JST配信

【ペタリンジャヤ】 昨年通年のマレーシアの自動車販売台数が、東日本大震災やタイの大規模な洪水による生産ストップなどが影響して2年ぶりに60万台を割り込みそうだ。2010年実績は60万5,156台だった。
マレーシア自動車協会(MAA)は当初60万8,000台を予想していたが、OSKリサーチのアナリストは59万2,537台と予想している。UOBケイ・ヒアン・マレーシアのアナリストも59万4,000台にとどまると予想している。
直近の統計では、11月の自動車販売は4万8,702台で、前年同月比では8.6%の増加。1—11月の累計販売台数は前年の55万391台を上回る55万2,561台となった。しかし例年12月は下取り価格を睨んで年式の新しい車を好む消費者が年明けまで買い控えることから低調な売り上げにとどまる傾向が強く、このためアナリストらは通年で目標達成は困難とみている。

ザ・スター、12月27日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。