ホーム > 三面・事件 > セレンバンの公園でワニ出現、地元の話題に

セレンバンの公園でワニ出現、地元の話題に

2012年02月08日 18:59 JST配信

【セレンバン】 ネグリ・センビラン州セレンバンにある「シティ・パーク」の人工池のほとりで体長1メートルほどの子供のワニが日光浴をしているのが度々目撃されており、地元民の間で話題となっている。
子ワニが最初に目撃されたのは5カ月ほど前で、その後、消息が不明となっていたが、最近になって再び目撃され写真にも撮られた。誰かが放流したものが生存しているとみられる。ワニ目撃情報は人口を介して広まり、池には一目ワニをみようと大勢の人々が押し寄せている。
そのうち子ワニが大きく成長すると人に危害を及ぼすとして捕獲を求める声もあり、野生動物国立公園局が捕獲に乗り出しているがいまだ捕獲できないでいるという。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、2月2日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。