ホーム > 三面・事件 > トラを違法飼育?「張り子のトラ」で無駄足に

トラを違法飼育?「張り子のトラ」で無駄足に

2012年02月08日 15:59 JST配信

【クアラルンプール】 クランタン州クアラ・クライのカンポン・マンジョルで、同州野生動物局がトラを違法に飼育しているとの通報を受けて押収に向かったところ、トラはトラでも「張り子のトラ」だったことが判明、とんだ無駄足となった。
野生動物局は、あるゴム樹液採集者から同村でトラ2頭を見かけたとの情報を入手した。トラは1メートルほどの大きさで、しかも飼っている家の息子がトラをバイクに乗せて連れ歩いているということだった。1月30日にトラを入れる檻や麻酔銃など物々しい装備で訪れたところ、いくら探してもトラを飼っている痕跡はなかった。
家の主人に尋ねると、そっくりに作られた大きなトラのぬいぐるみを出してきて「これのことか」とみせ、ようやく誤解だったことが判明した。トラのぬいぐるみはサルやイノシシから畑を守るために使っているという。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、2月2日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。