ホーム > 三面・事件 > ジョホール州消防局への出動要請、昨年は101件がイタズラ電話

ジョホール州消防局への出動要請、昨年は101件がイタズラ電話

2012年02月06日 06:47 JST配信

【バトゥ・パハ】 ジョホール州消防レスキュー局は去年、火災や水害、救助などの緊急出動要請が6,768件あったことを公表。うち101件がイタズラ電話だったことを明らかにした。
緊急出動要請の内訳は火災が3,419件で最も多く、救助要請が3,272件でこれに次いだ。火災による死者は7人、負傷者は6人だった。その他の災害や事故では死者は178人、負傷者は792人に上った。火災や天災による1年間の被害総額は、推定9,289万リンギに上ったという。
消防署へのイタズラ電話は、ジョホール州が全国一多かった。あるウソの工場火災の通報では消防車3台が出動する羽目となり、同じ頃に発生した別の火災に駆けつけるのが遅くなって被害を拡大させた。

星洲日報、2月1日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。